古民家の部屋をセルフリフォームしてミニマリスト風にしてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今、借りている家はかなり古い家で、床が抜けそうなぐらいふわふわしていたので、DIYでセルフリフォームしてみました。

以前は机の中にMacbook proを入れて机の上にディスプレイを置いていたのですが、ディスプレイを外してMacbook Proだけにしてミニマリスト風にしてみました。

この部屋を借りた時点で撮影した写真がこれです。

家主さんの持ち物がいっぱい入っていました。

とりあえず、置いているものを別の部屋に移動させてもらって、床の絨毯を剥がすと床がこのような状態になっていました。

合板の表面がめくれ上がっています。

このままでは住めないのでとりあえず、無垢の杉板をこの上に貼って生活していました。

しかし、杉板が薄かったため、床がところどころかなりたわんでしまい、杉板が割れてきているところもありました。

それで、根本的に直すためにこのベニヤの床を剥がしてコンパネを敷き、その上に無垢の杉板を貼ることにしました。

ついでに、暖炉風の部分も取り外してすっきりとした部屋に改装することにしました。

床はかなり劣化していたので手で簡単に剥がすことができました。

奥の暖炉風の作り付けの家具の取り外しが大変でした。

床を剥がし、コンパネを貼ったところです。

壁のベニヤの上から石膏ボードを貼りました。

石膏ボードの継ぎ目にパテを塗っていきます。

ボードの継ぎ目にはファイバーテープを貼りました。

パテをヤスリで平らにして、その上に水性塗料で塗装しました。

塗料は「水性ケンエース」という塗料を使用しました。

まだ、細かい仕上げは残っているのですが、ほぼ完成しました。

床を張り替えたので、床のたわみがなくなり落ち着いて部屋の中を歩けるようになりました。

また、壁が白くなったので部屋がとても明るくなりました。

部屋がすっきりと片付いたので、これから余り物を多く置かないようにしようと思います。

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
ワニブックス (2015-07-25)
売り上げランキング: 2,585
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です