Dell デルから8K液晶が発売されました。「UP3218K」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Dellから8Kの解像度を持つ液晶「UP3218K」が発売されました。

「UP3218K」の液晶の解像度は7680×4320ドットの8Kとなっています。

7680×4320ドットという解像度は最近のデジカメの最大画素数と比較すると、2420万画素で撮影できるα9の最大記録画素数が6000 x 4000ドットなので、α9で撮影した画像を等倍で壁紙で表示させた場合、余白が出てしまうほどの解像度です。

「UP3218K」で壁紙を等倍で目一杯に表示させたければ、3600万画素以上のカメラが必要になりそうです。

液晶のサイズは31.5型で、ドットピッチは280 ppiになるようです。

iPad pro 10.5インチのピクセル密度は264ppiなので、iPad Proよりも高精細な液晶ということになります。

かなり近くで見てもドットがわからないぐらいの高精細で、サイズが31.5型という大型ですからすごい液晶だということがわかります。

色彩的にも優れていて、標準のモニタの64倍の色数である10億7,000万色を表示できるそうです。

AdobeRGB 100 %、sRGB 100 %、Rec.709 100 %、 DCI-P3 98 %、およびRec.2020 80 %超のカバー率となっており、フォトレタッチなどで威力を発揮すると思います。

機能的にも液晶を縦に回転させることができるピボット機能が付属しています。

これだけのすごい機能を持っているので、価格も高く、税別で498,800円という価格になるようです。

一度、どんな表示か見て見たいですね。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です