フルサイズ対応SONY Eマウントレンズ「SAMYANG AF 35mm F2.8 FE」が国内でも発売されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

SAMYANGのSONY Eマウント対応レンズ「SAMYANG AF 35mm F2.8 FE」が国内でも発売されることになりました。

「SAMYANG AF 35mm F2.8 FE」はSONYのα7シリーズなどのフルサイズミラーレスデジカメに装着できる焦点距離35mmの単焦点レンズです。

SAMYANGのレンズはこれまでマニュアルフォーカスのレンズが多かったのですが、「SAMYANG AF 35mm F2.8 FE」はオートフォーカスに対応しています。

レンズのサイズは長さが33mm。直径が61.8mm。フィルター径49mmで重さが85.6gとなっています。

同じ焦点距離で、解放F値が2.8のレンズとしてはSONYの「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」があります。

レンズのサイズは長さが36.5mm。直径が61.5mm。フィルター径49mmで重さが120gとなっており、ほぼ同じサイズですが、若干長さがあり、重量も重くなっています。

価格は、amazonで、現在「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」が¥73,755にたいし、SAMYANG AF 35mm F2.8が¥42,800となっています。3万円ほど
SAMYANG AF 35mm F2.8の方が安くなっています。

SAMYANG AF 35mm F2.8はまだ発売したてなので、今後は値段がさらに下がる可能性もあります。

小型軽量なので、α7シリーズと組み合わせて普段の持ち歩きに最適なレンズになりそうです。

どの程度の写りなのか、作例を早く見てみたいものです。

 

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です