SONY ソニー「α7 II ILCE-7M2」のファームウェアをVer. 4.00にアップデートしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

SONY ソニー「α7 II ILCE-7M2」の本体ソフトウェアアップデートVer. 4.00がアップされていたので、カメラのファームウェアをアップデートしました。

購入時のファームウェアはVer3.10でした。

新しいファームウェアはSONYのサイトからダウンロードできます。

ILCE-7M2 本体ソフトウェアアップデート (Mac) Ver. 4.00

アップデートの内容は

フォーカスエリア位置を移動する際の操作性向上
(スタンダード機能がフォーカススタンダード機能に変更され、より少ないステップでフレキシブルスポット点を移動することができるようになります。詳細はこちらをご覧ください。

カスタムボタンに割り当てできる機能に「ライブビュー表示(設定効果反映On/Off)」機能を追加
“ファイル名設定”機能を追加
外付けフラッシュ(HVL-F45RM)AF補助光対応
ワイヤレスフラッシュ撮影時のレリーズタイムラグ短縮
その他の動作安定性向上

となっています。今のところ特に不便と思っているところはないのですが、動作安定性向上を期待してアップデートしてみました。

最初、Macbook proからやってみたのですがなぜか、なかなかカメラを認識しなくて、サブ機のWindows10のノートからアップデートしました。

アップデート後、「FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28」マクロレンズのフォーカス速度がかなり早くなりました。

ファームウェアをアップデートしてよかったです。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2
ソニー
売り上げランキング: 91,592
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です