iOS用のGoogle ChromeでQRコードリーダーが使えるようになったので試してみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 21

iPhoneやiPadなどのOS、iOS向けのGoogle ChromeでQRコードリーダーが使えるようになったので、さっそくアップデートして試してみました。

このアップデートにより、QRコードアプリを入れなくてもGoogle ChromeでQRコードを読み込んで、ブラウザの検索窓に読み込んだQRコードのURLを入力できるようになります。

アップデート後、Spotlightにて「QR」と検索するとGoogle Chromeのアイコンが出てきて、QRコードをスキャンすることができます。

3D Touchに対応するiPhone 6sやiPhone7などでは、アプリアイコンを強く押すと表示されるメニューに「QRコードをスキャンします」という項目が表示され、そこからスキャンできるそうです。

初回は、Google Chromeでカメラを許可する設定の画面が出てきました。

赤丸で囲ったところをオンにするとGoogle ChromeでQRコードを読み込むことができるようになります。(初回だけこの設定が必要)

次回からSpotlightにて「QR」と検索し、Google ChromeのアイコンをタップするとQRコードを読み込むことができるようになります。

QRコードが読み込まれるとGoogle Chromeの検索窓にURLが入力されるので、そこからWebサイトに行くことができます。

また、今回のアップデートでタブ切り替えのレイアウトも変更され、表示されている内容が確認でき、わかりやすくなっています。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です