SONYのAPS-Cのフラッグシップ機「α6500」が海外で発表されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

SONYのAPS-Cのフラッグシップ機「α6500」が海外で発表されました。

a6500a

「α6500」はボディ内手ブレ補正機構を搭載しながらも、サイズは従来モデルのα6300とほぼ同じサイズに収められているそうです。

レンズ側の手ブレ補正機構と併せて5軸手ブレ補正に対応しているとのこと。

画素数は2,420万で、4K動画にも対応するようです。

SONYのミラーレスAPS-Cでのボディ内手振れ補正は初搭載なので、待っていた方も多かったのではないかと思います。

ボディはマグネシウム合金製で、防塵防滴に配慮した設計となっていて、シャッター耐久回数は20万回とセミプロの要求にも答える内容となっているのではないかと思います。

詳しくはSONYのサイト

https://blog.sony.com/press/sony-introduces-new-%CE%B16500-camera-with-exceptional-all-around-performance/

をご覧ください。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です